医療事務

地域包括支援センターとは。役割・業務や法律について。


地域包括支援センターは、介護保険法という法律で定められた、
地域住民の保健・福祉・医療の向上、虐待防止、介護予防マネジメントなどの生活支援業務などを総合的に行う機関です。


Sponserd Links

Sponserd Links

概要


地域包括支援センターは住み慣れた地域で高齢者が生活できるように、
介護サービスなどによる生活支援の相談に応じる地域の窓口的な役割であり、各区市町村に設置され、地域に暮らす人たちの介護予防や日々の暮らしを様々な側面からサポートしています。

地域包括支援センターには、保健師、主任ケアマネジャー、社会福祉士が置かれ、各々が専門性を生かして相互に連携し合いながら業務にあたります。


地域包括支援センターにより、地域に暮らす人たちの介護予防や日々の暮らしを様々な側面からサポートすることを主な役割としています。


法律上は市町村事業である地域支援事業を行う機関ですが、外部への委託も可能となっています。

また、要支援認定を受けた者の介護予防マネジメントを行う介護予防支援事業所としても機能しています。

尚、地域包括支援センターは2005年の介護保険法改正により制定されました。


地域包括支援センターのおかげで地域に暮らす人たちが安心して介護を受けられますね。
介護が必要になった高齢者の方にとってとても重要な機関だと言えます。