医療事務

療養の給付とは?現物支給で給付されるものとは。


療養の給付とは、健康保険の被保険者が労災保険及び自賠責保険に該当しない範囲で病気やケガをした際、健康保険で治療を受けることを指します。

Sponserd Links

Sponserd Links

概要


療養の給付の範囲は、健康保険法では次のように規定されています。

    ・診察
    ・薬剤または治療材料の支給
    ・処理、手術その他の治療
    ・居宅(在宅)における療養上の管理、その療養に伴う世話、その他の看護
    ・病院、診療所への入院や、その療養に伴う世話、その他の看護

給付には、現物給付(現物支給)と現金給付があります。

現物給付(現物支給)とは言っても、何かしらの「物」が給付されるという意味ではなく、
治療行為や薬の処方といった「行為」を受けることを「現物給付」と呼びます。


Sponserd Links

療養給付を受け方は?

療養の給付を受ける場合、病気やケガをしたときは健康保険を扱っている医療機関(病院や診療所)に保険証(被保険者証)を掲示します。

ほか、診察・治療・薬の支給・入院など、治療を受けて病気やケガが治るまで一部負担金での支払いで済みます。

医師から処方箋を交付された際には、薬局にて薬を調剤してもらえます。


保険証を掲示することで、医療保険を適用した診療を受けることができます。

また、診療にかかった医療費は一部負担金を支払います。

通常、一部負担金は年齢によって定められており、未就学時は2割、就学から69歳までが3割、70歳から74歳が2割の負担率となります。

※残りの負担金は保険者(保険機関)が支払うことになります。


1ヶ月にかかる医療費が所得に応じた限度額を超えた場合、
超過して支払った医療費は保険者から給付を受けることができます。
(高額療養費制度)

[/char]
療養の給付は、医療保険に加入した人が受けられる正当な権利と言えますね。
俗にいう、医療費の3割負担というのは、療養の給付により一部負担金の支払いのことを指していますね。