医療事務

検案とは?警察ドラマでもよく検視をしてますが、検案と検視の違いとは?


検案(けんあん)とは、医師の診察を受けずに死亡した人に関して、
死亡した事実を医学的に死因、死因の種類、死亡時刻、異状死との鑑別を総合的に判断することを指します。


Sponserd Links

Sponserd Links

概要


”診察を受けずに死亡した人”ということで、刑事ドラマでよくあるように身元不明の死体があがった場合や、一般ではお風呂で亡くなった場合、ほかにも事故や突然死などにおいて検案がされます。

死体検案の結果、死亡を確認して異状死でないと判断したら、
医師は死体検案書を作成します。

異状死の疑いがある場合は警察に連絡し、
検察官または警察官が検視を行うことになります。

尚、検案には解剖を行うことは含まれません。


Sponserd Links

死体検案書


死体検案書を作成する場合、次の意義がある。

    ・人間の死亡を医学的・法律的に証明する。
    ・死因統計作成の資料となる。
    ・刑事・民事事件の証拠や保険の認定、査定の資料となる。


検案を行った医師は遺族に死体検案書(死亡診断書)を速やかに交付する義務があります。

死体に異状があった場合には、検案した医師は24時間以内に所轄警察署に届け出る義務があります。

家族がお風呂で無くなっていても事件性があるといことで検案が必要です。
検案も医師の重要なお仕事の一つですね。