医療事務

保険者とは?全国健康保険協会(協会けんぽ)と健康保険組合があります。


保険者とは、保険料を徴収して保険サービスを提供する運営主体を指します。
健康保険の保険者には、全国健康保険協会(協会けんぽ)や健康保険組合などが該当します。

Sponserd Links

Sponserd Links

概要


全国健康保険協会と健康保険組合は下記の通りです。

全国健康保険協会

全国健康保険協会は、健康保険組合に加入している組合員以外の被保険者の健康保険を指します。
これを、全国健康保険協会管掌健康保険(協会けんぽ)といいます。


健康保険組合

健康保険組合は、その組合員である被保険者の健康保険を指します。

これを組合管掌健康保険といい、単一の企業で設立する組合、
同種同業の企業が合同で設立する組合などがあります。

組合を設立するためには、一定数以上の被保険者があって、
かつ、組合員となる被保険者の半数以上の同意を得て規約を作り、
厚生労働大臣の認可を受けることが必要です。

組合は、健康保険法で定められた保険給付(法定給付)や保健福祉事業を行うほか、
一定の範囲で附加給付を行うことができるなど、自主的な事業の運営を行うことができます。


保険者は、医療保険事業を自己の事業として行い、
保険料率にて計算し、保険料を徴収して保険給付を行います。
保険者には健全な運営を期待しています。